大阪の自己破産・個人再生の専門家|下前司法書士事務所(大阪市中央区本町/堺筋本町/北浜)

ご相談 お問い合せ TEL.06-6282-7420

受付時間 9:30〜18:00 地下鉄堺筋本町8番出口 徒歩約1分

故人の借金や遺産の相続放棄

相続登記・相続放棄なら大阪の下前司法書士行政書士事務所ホーム相続放棄等


相続放棄はお早めにご相談下さい。


相続放棄

 相続財産の調査の結果、プラスの財産よりも借金等のマイナスの財産の方がかなり多い場合、相続放棄を選択される方が多いのですが、相続放棄をすると放棄をした人は初めからその相続に関しては相続人ではなかったことになります。
 相続放棄をするには、
自分のために相続開始があったことを知ってから3か月以内に被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所の申立をする必要があります。相続人が複数いる場合は、一部の人だけが放棄することも可能で、必ずしも相続人全員でする必要はありません。(相続の限定承認は相続人全員でする必要があります)相続人が未成年者又は成年被後見人の場合には、その法定代理人(親や後見人)が未成年者又は成年被後見人のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内となります。(3ヶ月経過していても特別の事情があれば相続放棄ができる場合があります。詳しくはお問い合わせ下さい。)
 但し、相続放棄をする場合に気を付けなければならない点は、たとえば元々の相続人が配偶者とその子供1人だった場合、その配偶者と子供が相続放棄をすると、第2順位の相続人である被相続人の両親や祖父母が相続人となり、その両親たちも相続放棄をすると第3順位の相続人である被相続人の兄弟姉妹が相続人となるため、第1順位の相続人が相続放棄をすると、被相続人の両親や兄弟姉妹が多額の借金を背負う事にも成りかねません。
 この様な場合に相続放棄をする時は、事前に次順位の相続人に事情を説明し、場合によっては両親や兄弟姉妹も相続放棄をする必要があります。詳しくは当事務所まで相談下さい。

【相続放棄の基本的な必要書類】
 ・相続放棄申述書
 ・被相続人の住民票除票又は戸籍の附票
 ・被相続人の除籍謄本
 ・相続放棄する人(申述人)の戸籍謄本
 ・収入印紙(申述書に添付)申述者1人につき800円
 ・予納郵券(数百円)

 尚、相続放棄申述書を所定の家庭裁判所に提出すると、10日前後で裁判所から相続放棄の申述についての照会書というものが郵送されてきます。(照会書には1問1答形式で、被相続人と申述人の関係、被相続人の死亡を知ったのはいつか、相続開始後に相続財産を処分したか、相続放棄をする理由等の裁判官が相続放棄の申述を受理するかの判断になる質問事項がいくつか挙げられています。)
 この照会書に回答し裁判所に返信すると、特に問題がなければ相続放棄申述受理証明書が郵送されてきますので、これにより相続放棄が認められたことになります。

ご相談は TEL.06-6282-7420 にお気軽にお問い合わせ下さい!

下前司法書士行政書士事務所

〒541-0054
大阪市中央区南本町2丁目4番10号丸忠第2ビル306号室

TEL 06-6282-7420
営業時間 平日 9:30〜18:00
*時間外でもご予約対応可

地下鉄堺筋本町駅8番出口 
徒歩約1分
地下鉄本町駅9番出口   
徒歩約5分

【所属団体】
大阪司法書士会
大阪行政書士会
公益社団法人成年後見センター
リーガルサポート大阪支部