守口市の自己破産・過払い請求の専門家|下前司法書士事務所(大阪市中央区本町/堺筋本町/北浜)

ご相談 お問い合せ TEL.06-6282-7420

受付時間 9:30〜18:00 地下鉄堺筋本町8番出口 徒歩約1分

守口市の方の自己破産・過払い請求の相談所

借金の問題は必ず解決することが出来る問題でもありますので、借金でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。きっとあなたにも良い解決方法が見つかりますので安心してお任せ下さい。借金問題に強い大阪の司法書士がご対応します! 


自己破産を検討された方が良い方


■今後継続的に返済していくことが難しい
■既に長期間滞納している
■業者からの取立てが厳しい
■訴訟・支払督促を提起されている
■住宅ローンが払えない
■一度借金をリセットしたい
■借金で老後が不安だ

守口市にお住まいの方で、以上の様な事が思い当たる方は、一度ご相談下さい。一緒に借金の無い生活を取り戻して、再スタートしましょう!
 

そもそも自己破産とは

 自己破産とは、多額の借金を抱えてしまい、今後継続的に返済をして行く事が困難な人が、裁判所に申立てをし、債権者等との権利関係を適切に調整しながら、債務者の財産等を清算し、清算しきれなかった借金を免除してもらうことによって債務者の経済生活を再建していく手続きです。
 尚、一度免責許可決定を受けると、その後は7年間再度の免責を受ける事が出来なくなりますので注意が必要になります。



守口市で自己破産・借金に関する詳しい無料相談は大阪市中央区本町の下前司法書士事務所まで!
TEL.06-6282-7420、又はこちらのメールフォームからお気軽にお問合せ下さい!


借金が幾ら位あれば自己破産出来るのか

 自己破産の申立てをする際の一つの目安が、「支払い不能であること」が挙げられますが、一般的に支払い不能な状態とは、手取り年収の1.5倍から2倍以上の債務があれば支払い不能と判断しても良いでしょう。同様に借入れ元本を3年から5年の分割での返済が不可能な場合も支払い不能と言えるでしょう。
(年収にもよりますが
300万円以上の借金がある方は、支払い不能な場合が多いです。)

    
このページの先頭へ

自己破産のメリット・デメリット

 メリット デメリット 
1.原則的に全ての借金の支払いが免除される。


2.手続き開始後の請求がストップとなる。


3.生活に必要な一部の財産は残すことが出来る。


4.
人生を再スタート出来る。
1.不動産等の価値のある財産は処分しなければならない。

2.官報に破産手続き開始時に氏名等が掲載される。(
個人再生も同様

3.信用情報機関に事故情報として載る。(
他の任意整理・個人再生も同様です

4.一定の職業については資格が制限される。(詳しくはこちらを参照下さい)
 自己破産における最大のメリットは、やはり借金を帳消しにして、人生の再スタートをきることが出来る点です。デメリットは他の債務整理でも同様の場合も多く、それ程懸念する必要はありません。


守口市で自己破産・借金に関する詳しい無料相談は大阪市中央区本町の下前司法書士事務所まで!
TEL.06-6282-7420、又はこちらのメールフォームからお気軽にお問合せ下さい!



    
このページの先頭へ


自己破産
Q&A

自己破産をすると全ての財産を処分しなければなりませんか?
家族や親戚に迷惑が掛かりませんか?
会社に知られずに自己破産出来ますか?
会社に知られてしまった場合には会社を辞めなければならないですか?
賃貸物件から出ていかなければならないのですか?
戸籍・住民票に自己破産したことが記載されてしまいますか?
選挙権が無くなると聞いたのですが本当ですか?
家族に内緒で自己破産出来ますか?

自己破産をすると一生ローンを組んだりすることが出来なくなるのですか?

免責の許可は必ず下りるのですか?
全ての借金が必ず免除されるのですか?


 基本的には、持家や自動車等の価値のある財産や、生命保険等の解約返戻金が20万円超のものは、「解約・処分」しなければなりません。
 但し、自動車でも登録年数が古く価値の無いものや、現金なら99万円以内、生活必需品、年金受給権等は処分する必要はありません。

 ご家族や親戚が保証人になっていない限り、ご家族や親戚に請求が及ぶことはありません。

 破産手続き開始決定が出た場合には、氏名等が官報に掲載されますので、会社が官報をチェックしていた場合には会社に知られてしまう可能性があります。
 また会社からの借入がある場合には、当該会社も債権者になりますので、その会社を手続きから除外することは出来ないため、手続上内緒にすることは難しいです。


 自己破産破産手続きをしたという理由だけでは原則会社は解雇出来ません。
 但し、自己破産手続きでは、破産開始決定から免責許可決定が出て復権するまで一定の職種制限がありますので、その種の職業の方は仕事が出来なくなります。よってその資格・職業を前提に会社に勤めている場合には解雇される場合があります。

【主な職業制限】
貸金業者、質屋、不動産鑑定士、測量業者、風俗営業者、宅地建物取引主任者、警備業者、警備員、証券外務員、旅行業者、旅行業務取扱主任者、生命保険募集人、損害保険代理店、後見人、後見監督人、保佐人、補助人、遺言執行者といった他人の財産に関与する地位の方です

 家賃の滞納等の解約事由が無い限り、破産手続きをしたことのみで出て行く必要はありません。

 自己破産したことが戸籍・住民票に記載されることはありません。但し、破産手続き開始決定から免責許可決定が下りるまで市町村発行の身分証明書には記載されます。(免責決定後は消去されます)
 尚、第三者がこの身分証明書を取得することは出来ませんので世間に知れ渡る心配はありません。

 その様な事はありませんのでご安心下さい。

 破産手続きを申立てるにあたり、裁判所に家計収支表や同居の家族の収入証明書等が必要になってきますので、同居の家族に内緒で手続きを進めていく事は難しいかと思いますが、当事務所では、可能な限り依頼人のご希望に沿った形で進めています。

 自己破産手続きをすると信用情報機関に約10年間事故情報として掲載されますので、その間は新たに借入やローンを組むことが難しくなります。
 しかし、借入できるかどうかは、あくまで個人の経済的な信用の問題になりますので、手続き終了後、経済状態が回復し収入が増加した場合等は事故情報掲載中でも新たな借入が出来る場合があるようです。
 
 ほとんどのケースでは免責の許可が下りている状況ですが、一定の条件では免責許可が下りない場合(免責不許可事由)が挙げられています。
 但し、免責不許可事由に該当する場合でも必ずしも不許可になるという訳ではなく、
裁判所の裁量で免責許可がおりる場合が多いですので、ご自身の借り入れ状況を包み隠さず裁判所に申告することが肝心です。

【主な免責不許可事由】
  1. 債権者を害する目的での、財産の隠匿等の債権者に不利益な処分。
  2. 浪費又は賭博等よって著しく財産を減少させ、または過大な債務を負担したこと。
  3. 業務及び財産の状況に関する帳簿、書類その他の物件を隠滅し、偽造し、または変造したこと。
  4. 虚偽の債権者名簿または債権者一覧表を提出したこと。
  5. 破産手続きで裁判所が行う調査について、説明を拒み、または虚偽の説明をしたこと。
  6. 以前の自己破産や民事再生手続きから7年が経過していないこと。

 基本的に免責許可決定が下りた場合には全ての借金が免除されるのですが、なかには上記の免責不許可事由に該当したり、非免責債権に該当したりするものは免責されないものもあります。(一部免責)

【主な非免責債権】
  1. 租税等の請求権
  2. 破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
  3. 破産者が故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権
  4. (A)夫婦間の協力及び扶助の義務に係る請求権、(B)婚姻費用分担義務に係る請求権、(C)子の監護に関する義務に係る請求権、(D)親族間の扶養の義務に係る請求権、(E)以上の義務に類する契約上の義務に係る請求権
  5. 雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権及び使用人の預り金の返還請求権
  6. 破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権
  7. 罰金等の請求権

 
守口市で自己破産・借金に関する詳しい無料相談は大阪市中央区本町の下前司法書士事務所まで!
TEL.06-6282-7420、又はこちらのメールフォームからお気軽にお問合せ下さい!


周辺地図




守口市からのアクセス

電車の場合
地下鉄中央線・堺筋線  堺筋本町駅8番出口 徒歩約1分
地下鉄御堂筋線     本町駅9番出口   徒歩約5分


車の場合
当事務所には駐車場はありませんが、周辺にはコインパーキングがたくさんありますので、そちらをご利用下さい。

出張相談も承っておりますので、ご希望される方は事前にお問い合わせください。


下前司法書士行政書士事務所

〒541-0054
大阪市中央区南本町2丁目4番10号丸忠第2ビル306号室

TEL 06-6282-7420
営業時間 平日 9:30〜18:00
*時間外でもご予約対応可

地下鉄堺筋本町駅8番出口 
徒歩約1分
地下鉄本町駅9番出口   
徒歩約5分

【所属団体】
大阪司法書士会
大阪行政書士会
公益社団法人成年後見センター
リーガルサポート大阪支部